ばくはつ書店(゜ε゜).本店

全国の書評界を震撼させたあのばくはつ書店が復活した。
知る人ぞ知るばくはつ書店の復活祭はスゴイらしいぞ。
チラっと寄ってみるのも一驚あり。
じっくり寄ってみるのも徒然なるままに・・・。
本当に役に立つ本・DVD・CD・ゲームの評価集はこちら!(^-^)v
特にゲームは新作の予約ができちゃうという魅力も絶品!!

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

天国の本屋
天国の本屋
松久 淳, 田中 渉
■読者感想■ブログランキング!!
就職活動もうまくいかない大学生のさとし。自分の無気力感をある意味悟っているが。。。アロハシャツの変な男にさらわれて天国の本屋で働きます。本屋でユイと出会い、さとし自身の持つ優しさが「朗読」という仕事から出てきて自分の居場所と本気の想いを知るようになります。
途中で朗読される物語とかにふとした懐かしさを感じたり、人物たちの想いを感じるとホロっと来ると思いますよ。
■一言コメント■
短い本なので少し疲れた日に読んでみてください。
■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび
一人親方-->うぇるぼす



盲導犬クイールの一生
盲導犬クイールの一生
石黒 謙吾, 秋元 良平
■読者感想■ブログランキング!!
動物の話は何かしら泣かせるツボをついてくる。わかっててもぽっちっと押されるそんな本。盲導犬って資質が問われる。人間だってやりたいことがあっても自分には向かないものもある。彼らは選ばれて人を助けてくれる。そんな健気さを見ると元気がもらえます。おすすめ!
■一言コメント■
のどが渇いてるときのポ○リのような効果が心の中に起こりますよ(笑)
■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび



約束
約束
石田 衣良
■読者感想■ブログランキング!!
この人の短編はイマイチ。前にも書いたけど(笑)ただ一編好きなのがあるのでそれが救い。この本の最後の話です。祖父母→父母→子へ命のリレーが印象的です。これの前の話がなんだかな・・・。旦那と死別してその約束を果たすための出逢いを探す?!みたいな。話はできてるけど関係が軽い。立ち読みした時はいい本に感じたのに何でやろ?お金を払ったのが惜しかった一品でした。
■一言コメント■
約束はなんのためにするの?ちょっと考えてみる。
■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび



1リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記
1リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記
木藤 亜也
■読者感想■ブログランキング!!
今はドラマでもやってますね。お母さん目線の手記も相当泣かせますが、本人目線はより泣かせます。こちらから読むことをお勧めします!!私はお母さん→本人の順番で読んだので、この日記の中身をだいたい感じることができました。お母さんから告知から障害を受け入れる心構えまでいろんなことでコトバや母の心の強さから学んでいったようです。素直さに脱帽です!!自分の言葉で表現できなくなるところまでつづられています。強い心を最後まで持っててなんともいえないです。
■一言コメント■
自分も頑張らなきゃね、と思えます。
■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび



いのちのハードル―「1リットルの涙」母の手記
いのちのハードル―「1リットルの涙」母の手記
木藤 潮香
■読者感想■ブログランキング!!
難病の脊髄小脳変性症を患う[娘]亜也ちゃんを誰よりも思う母と家族の生活の手記です。かとうかずこさんのテレビインタビューを見て興味を持ち購入しました。本当は「1リットルの涙」本編を購入しようとしていたのですが、間違ってこちらを。でも、自分の病状から逃げることができないからこそ立ち向かう勇気を亜也ちゃんにもってもらおうとしてきた努力に涙しました。亜矢ちゃんもそれに答えて頑張ってる姿を母の目線からつづってます。「1リットルの涙」を編集する背景までかかれてます。なかなかいいです!泣かせます。
■一言コメント■
子を思わない親はいない、そう思えるかも。
■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび



このpageのtopへ▲

April 2020


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Apple iPod nano 4GB ブラック [MA107J/A]

Categories

Recent Comment

Recent Trackback

このpageのtopへ▲