ばくはつ書店(゜ε゜).本店

全国の書評界を震撼させたあのばくはつ書店が復活した。
知る人ぞ知るばくはつ書店の復活祭はスゴイらしいぞ。
チラっと寄ってみるのも一驚あり。
じっくり寄ってみるのも徒然なるままに・・・。
本当に役に立つ本・DVD・CD・ゲームの評価集はこちら!(^-^)v
特にゲームは新作の予約ができちゃうという魅力も絶品!!

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

レイクサイド
レイクサイド
東野 圭吾
■読者感想■ブログランキング!!
子供の受験勉強のため湖畔のコテージに集まる4組の親子。こどもの描写は少なくて受験勉強に疲れてる子供??って想像ができます。まぁこれは本編とはほとんど関係なくて、ある1組の夫婦の愛人がコテージで殺されたところから話は動きます。「妻が殺した」そいう割には周りの協力もありどんどんことが進んでいく。コリャなんだ?!と思ってるうちに話が終わってます。主人公と一緒に東野流のどんでん返しを味わってください(笑)
■一言コメント■
誰が犯人?!もう誰でもええやん ┐( ̄ヘ ̄)┌ って感じ☆
■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび
一人親方-->うぇるぼす



探偵倶楽部
探偵倶楽部
東野 圭吾
■読者感想■ブログランキング!!
その名の通り、探偵モノです。主人公が探偵ではなくて依頼者が居て探偵が居る、という感じの5本の話です。5本とも探偵は同じで冷静沈着な仕事をやってのけます。推理力というより観察力が優れてる人、という印象です。
■一言コメント■
探偵さんに調べてもらうようなことって何もないかも。ある意味平和?!
■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび
一人親方-->うぇるぼす



陽気なギャングの日常と襲撃
陽気なギャングの日常と襲撃
伊坂 幸太郎
■読者感想■ブログランキング!!
「陽気なギャングが地球を回す」の続編。たいてい続編はつまらんイメージがあったけど、これはこれで結構おもしろいです。4人のメインキャラはかわらずその周辺の人たちも登場します。強盗は結局1回だけやけど、おせっかいにも人助け(?)をしてしまう妙な4人ににやっとしてしまう1冊です。
■一言コメント■
1冊目の伏線もあったりするので、2冊同時にお楽しみ下さい(笑)
■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび
一人親方-->うぇるぼす



ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダ・ヴィンチ・コード (上)
ダン・ブラウン, 越前 敏弥
■読者感想■ブログランキング!!
少し前に話題になったダ・ヴィンチ・コード。今度映画化されるのをキッカケに読んでみることにした。難しい内容だと聞き及んでいるが、舞台設定はルーブル美術館。数年前に訪れたことがあるが印象としては薄暗い地下迷路のようだつた。いかにも事件がおこりそうな場所を舞台としたところが、なるほど納得!!という感じである。
■一言コメント■
世紀のアート。モナリザにはまだまだ秘められた謎があるようだ。
■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび
一人親方-->うぇるぼす



容疑者Xの献身
容疑者Xの献身
東野 圭吾
■読者感想■ブログランキング!!
ミステリーらしいミステリーかな?直木賞をとる前からタイトルで興味があって文庫まで待とう!と心に誓いながら、、、でも興味に負けて購入しました。購入しただけの内容であったのでホッとしてます。
数学だけが友であり彼女とも言える学者肌の教師が恋焦がれる人とめぐりあい犯罪に手を貸す様がなかなかありそうでない展開。小説として読むにはいい感じです。数学の本筋の会話はてんでちんぷんかんぷんだけどそこがあるからまた本物っぽいのか?とも思えます。
そんなわきゃねぇ!と突っ込めるラストもいいです。
■一言コメント■
直木賞受賞記念&白夜行ドラマ化記念に買ってみても良いでしょう。
■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび



このpageのtopへ▲

April 2020


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Apple iPod nano 4GB ブラック [MA107J/A]

Categories

Recent Comment

Recent Trackback

このpageのtopへ▲