ばくはつ書店(゜ε゜).本店

全国の書評界を震撼させたあのばくはつ書店が復活した。
知る人ぞ知るばくはつ書店の復活祭はスゴイらしいぞ。
チラっと寄ってみるのも一驚あり。
じっくり寄ってみるのも徒然なるままに・・・。
本当に役に立つ本・DVD・CD・ゲームの評価集はこちら!(^-^)v
特にゲームは新作の予約ができちゃうという魅力も絶品!!

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

太閤立志伝V
太閤立志伝V

前回よりもさらにパワーアップしたスルメ感。スルメすぎる・・・。もう既に100時間ほどプレイしてますが、一向に飽きる気配がありません。ここまで完成されたシミュレーションが今まであったでしょうか?

遊べる武将の数は600人以上!最初は秀吉のみですが、武将カードを入手するという形でどんどん増やしていけます。

ちなみに現在は、竹中半兵衛でプレイ。斉藤家を開始5秒で出奔→北条家に仕官→家老まで駆け上がり、駿府城城主に任命される→隣接する三河の徳川家に喧嘩をふっかけて攻め上がり、城を5万人で包囲したうえ城主・徳川家康を切腹させる→北条家へ謀反→天下統一という訳のわからない内容です。

■一言コメント■
(長所)シミュレーション好きにはたまらない一品。
(短所)ちょっと時間をとられすぎる。

■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび



機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオン独立戦争記+攻略指令書 GUNDAM THE BEST
機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオン独立戦争記+攻略指令書 GUNDAM THE BEST
■遊者感想■ブログランキング!!
話が進むにつれ、攻略・戦略法が難しくなるが、この変化がうれしいゲームである。個人的にはギレンが好きなのであるが、一般的に「それは、おかしい」とよく言われる。キシリアさんも好きである。いじいじしているアムロは、タイプではない。このゲームについてヒトクセつけるなら戦闘シーンがダサイということぐらいであろう。
■一言コメント■
ガンダムがおもしろいとはおもわないのであるが・・・。
■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび




機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオン独立戦争記
機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオン独立戦争記
■遊者感想■ブログランキング!!
一年戦争がリアルに再現されていた。しかし内政システムを付け加えていることが、このゲームをクソゲーにしてしまっている。昔昔のがちゃぽん戦記がなつかしいなぁと思ってしまう。やはりアムロは好きになれない。おまえのせいでララァが死んだんだぞ。ニュータイプかなんか知らんけど精神は全く古いし成長しないキャラがうっとーしい。
■一言コメント■
やはり、ガンダムがおもしろいとはおもわないのであるが・・・。
■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび





ダービースタリオン04
ダービースタリオン04
■遊者感想■ブログランキング!!
一言でいって、馬主・牧場経営・競馬シュミレーションゲームである。はじめは、大変である。オークションで馬を買い付ける。育てる。殿堂入りさせる。功労場として牧場におく。といいったエンドレスなゲームなので、いつ終了とするのかゲームをやっている自分の飽き飽きさがものをいう。
■一言コメント■
2,3回は、トライできるが、それ以上は・・・。
■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび





ティアリングサーガシリーズ ベルウィックサーガ(通常版)
ティアリングサーガシリーズ ベルウィックサーガ(通常版)
■遊者感想■ブログランキング!!
2001年5月にPS用発売された「ティアリングサーガ」シリーズの最新作。ラーズ帝国対ヴェリア王国を盟主としたベルウィック同盟諸国との戦いを描くシミュレーションRPGである。全15章のストーリーが成り立っている。最終決戦までにどのキャラを使うか、ある程度の章で決めておかないと大変なことになる。しかし、絶対にはずせない面々がいるため、使いたいキャラを泣く泣くはずしてしまわなければならないという理不尽さもこのゲームの魅力の1つであろう。
■一言コメント■
私的には強くて元気なキャラが大好きである。
■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび



このpageのtopへ▲

November 2017


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Apple iPod nano 4GB ブラック [MA107J/A]

Categories

Recent Comment

Recent Trackback

このpageのtopへ▲