ばくはつ書店(゜ε゜).本店

全国の書評界を震撼させたあのばくはつ書店が復活した。
知る人ぞ知るばくはつ書店の復活祭はスゴイらしいぞ。
チラっと寄ってみるのも一驚あり。
じっくり寄ってみるのも徒然なるままに・・・。
本当に役に立つ本・DVD・CD・ゲームの評価集はこちら!(^-^)v
特にゲームは新作の予約ができちゃうという魅力も絶品!!

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • Category > -
  • Written by > スポンサードリンク

細川幽斎伝
細川幽斎伝
平湯 晃
■読者感想■ブログランキング!!
時代は流れていっても、その時代時代で処世術を身につけている人々は、良きにしろ悪しきにしろ有名になっていくものなのでしょう。
■知識・常識■
細川藤孝(ほそかわふじたか)(後の幽斎)と忠興(ただおき)(細川ガラシャの夫)の父子は、織田信長の命を受け明智光秀と丹後を平定。
その功績によって天正8年(1580)に信長から丹後国を与えられ宮津城と田辺城(舞鶴城)を建てて父子共々この丹後地域を統治することになりました。
織田信長が本能寺で薨れると細川藤孝は髪を落し、玄旨法印幽斉と改め、信長の死をいたみ、明智光秀の誘いをことわり、忠興は光秀の娘玉子と結婚し子供もあったが、妻子を野間の味土野(竹野郡弥栄町)に閉じ込めた。その上、幽斉父子は羽柴秀吉の味方をして光秀追討の準備にかかった。
細川幽斎は、剣法を塚原卜伝に学び、波々伯部貞弘から弓術の印可を受け、弓馬故実を武田信富から相伝されるなど武将として秀でていたとともに歌道や連歌の道を学び、「古今伝授」を受けて和歌の伝統を継ぎ、茶道、料理、音曲、刀剣鑑定、有職故実などあらゆる学問、芸能の奥義を極めるなど当代随一の文人としても名高く、文芸に関する数多くの著述を残しています。
天正13年、羽柴秀吉は「豊臣」の姓を賜り、関白の位についた。
細川幽斉は従二位法印に、忠興は四位の侍従となり、秀吉の斡施によって妻子を味土野から田辺(舞鶴市)によびもどした。後陽成天皇の天正15年(1587)細川幽斉は秀吉の九州征伐に参加し恩賞として大隅の国(鹿児島県)に隠居料として3000石を与えられた。
秀吉が朝鮮に出兵したときに、奉行浅野長政から、若狭国(福井県)小浜の豪商組屋に朝鮮出兵の兵糧米として、丹後の宮津から米3000石と、大豆1000石を、九州名護屋まで輸送せよという命令がきた。運搬には、7、800石積みの船が使われた。
慶長2年(1597)2度目の朝鮮出陣に際しては細川勢も参加した。
慶長3年(1598)秀吉が病没後、細川忠興は急に徳川家康に近づいていった。
■おすすめコーナー■
→ 曼殊院門跡
→ 京都うぇるなび



艶隠者―小説 石川丈山
艶隠者―小説 石川丈山
中薗 英助
■読者感想■ブログランキング!!
時代は流れていっても、その時代時代で処世術を身につけている人々は、良きにしろ悪しきにしろ有名になっていくものなのでしょう。
■知識・常識■
石川丈山は、天正11年(1583)三河国(現在の愛知県安城市)に生まれた。石川家は父祖代々徳川譜代の臣であり、丈山も16歳で家康公に仕え、近侍となった。松平正綱、本多忠勝は、その親族である。33歳の時、大坂夏の陣では勇躍先登の功名を立てたが、この役を最後として徳川家を離れ、京都にて文人として藤原惺窩(ふじわらせいか)に朱子学を学んだ。しかし、老母に孝養を尽くすため、広島の浅野候に10数年仕えた。母の没後、丈山は54歳の時、京に帰り相国寺畔に住居した。寛永18年(1641)に59歳で詩仙堂を造営し、没するまでの30余年を清貧の中に、聖賢の教えを自分の務めとし、侵食を忘れこれを楽しんだ。丈山は隷書、漢詩の大家であり、煎茶(文人茶)の開祖である。寛文12年(1672)5月23日、従容として90際の天寿を終わった。
■おすすめコーナー■
→ 詩仙堂
→ 京都うぇるなび



京都おでかけ帖―12ヶ月の憧れ案内
京都おでかけ帖―12ヶ月の憧れ案内
甲斐 みのり
■読者感想■ブログランキング!!
季節ごとの「京都はココがいい」「京都のココが楽しめる」と12ヶ月の楽しみ方を教えてもらえる。『京都に行こう』と実際に旅をすると目的を決めて行くのと、そうでない行き当たりばったりの旅では、随分と楽しみ方が違ってくる。この月のこれを是非見たいんだという場合に、゜この本はおすすめ。場所・物・食べ物・お土産・日常品など実際に京都で経験したことが載っていますので、とても京都が近いところにあるような気になれます。2006年の初詣は京都に行こうと思う。春は都をどりや桜三昧が楽しめる。
■一言コメント■
初詣は京都に行きたくなるはず。
■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび



京都本―刺激たっぷりの古都的観光。
京都本―刺激たっぷりの古都的観光。
総合得点:★★★★
※とにかく燃える。何事もやる気がない時に読むと俄然やる気がでてくるゼ

レビュー:ミーツの京都関連の本は地元の人にも好評のようです。特徴としては、行きたくなるお店の紹介が中心となっています。神社仏閣の紹介はかなり少ないため観光者にはちょっと不便かもしれません。オールカラーできれいな仕上がり。1ページにぎゅうぎゅう情報を載せるといった本ではないため、とても見やすいです。

京都観光をまるっと→京都うぇるなび

この本を読んでみたい!
ポチッと押してください




京都さんぽ (’06)
京都さんぽ (’06)

お得感:★★★☆☆

効果:絶対、京都に行きたくなってしょうがないはずだ。

総合得点:★★★☆☆

レビュー:京都を旅する時にもっていくと便利な一冊である。しかし地図が少しごちゃごちゃしているのがちょっとマイナスだ。たくさんのおすすめのお店があるのは、わかる。わかるのだが、ココっていうのをピックアップして地図にするのも悪くはないだろう。旅のモデルコースというのが載っているのは、初めて京都観光にトライする人にはOKだ。


この本を読んでみたい!
ポチッと押してください




このpageのtopへ▲

November 2017


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Apple iPod nano 4GB ブラック [MA107J/A]

Categories

Recent Comment

Recent Trackback

このpageのtopへ▲