PR
Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ばくはつする掲示板
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
格差社会サバイバル
格差社会サバイバル
格差社会サバイバル
高橋 朗
■読者感想■ブログランキング!!
上流・下流に分かれる現在。中流というのはないらしい。これからどんどん格差社会に突入していく。そういう危機感というものを感じているだろうか?団塊以降世代(1946~1960年生まれ)、X世代(1961~1975年生まれ)、Y世代(1976~1990年生まれ)、Z世代(1991年以降生まれ)の4つに分類されている。各世代がどうすればいいのかが具体的に書かれています。わかりやすく社会情勢について書かれています。
■一言コメント■
未来社会のサバイバルって感じ。
■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび
一人親方-->うぇるぼす
posted by: うぇる | book-社会経済 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |
大阪破産
大阪破産 Osaka Bankrupts
大阪破産 Osaka Bankrupts
吉富 有治
■読者感想■ブログランキング!!
大阪に住んでいる人がこの本を読んだら、一体どう思うのだろう。ウソのような話?いやいや、そんなことはない、まあとりあえず、想定ということで書かれているが、実際に大阪は破産している、破産している土地の上に何をしても破産の程度がデカクなるだけである。危機感のないお役所の人達はお気楽でいいよね。
■一言コメント■
大阪ドームもスゲエ負債である。
■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび
一人親方-->うぇるぼす
posted by: うぇる | book-社会経済 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ゼネコン危機の先を読む
ゼネコン危機の先を読む
ゼネコン危機の先を読む
辻村 定次, 篠井 謙, 野中 郁江
■読者感想■ブログランキング!!
ゼネコンというと、談合・癒着などというよくない意味のことが頭にすぐ浮かんでくる昨今である。まあ、火のないところには煙は立たないといわれるので、国民が抱いているイメージは、遠からず、はずれてはいないだろうと一人で勝手に想像しているのである。
■一言コメント■
ゼネコンとは、General Contractorの略。
■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび
一人親方-->うぇるぼす
posted by: うぇる | book-社会経済 | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
社長の力
社長の力―逆風の中で成長を続ける3社のケーススタディ
社長の力―逆風の中で成長を続ける3社のケーススタディ
西浦 道明


逆風の中で成長し続けている3社(印刷、建設機械、温泉旅館)をとりあげ、どのように儲けているのか(ビジネスモデル)、どうのように儲ける仕組みを考え、それを実現するために、どう考え、どう行動したか、どのように人を動かしたが描かれています。

『社長の仕事』は、
・儲かるように市場を作り変革を続ける
・社員のモラールを高めて結果を出す
・後継者を作る
 
だそうです。

■一言コメント■
こんな社長達もいるのか!
■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび
一人親方-->うぇるぼす
posted by: ガッシ石松 | book-社会経済 | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
拝啓投資家様―さわかみレター
拝啓投資家様―さわかみレター
拝啓投資家様―さわかみレター
澤上 篤人
■読者感想■ブログランキング!!
2006.4.15に大阪の天満橋/ドーンセンターにてさわかみファンドの長期信託の勉強会に参加しました。大阪では第1回目らしい。ただ単に聞くばかりのセミナー形式とは違っていました。ためになったのかどうかは不明ですが、株やファンドは、今やちょっとしたブームになりつつあるのでしょう。ある意味、欲の皮のつっぱった人の集まりともいえるかもしれませんが、あくまでファンドを選ぶのは自分であり、ファンドマネージャーやアナリスト達がアドバイスしてくれたとしても、選択権は自分なので失敗も成功も自分で・・・。というイメージはやはり否めませんでした。言葉でうまいこと言っていても雰囲気をうまくかもしだしていても、乗るかそるかはやはり自分ですね。
■一言コメント■
あなたも農耕民族的長期信託はいかがですか?
■おすすめコーナー■
ネットCM-->うぇるすぽっと
京都うぇるなび
一人親方-->うぇるぼす
posted by: うぇる | book-社会経済 | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |